プロフィール 演奏楽器 Blog 指導教室 出版物 作品紹介 Podcast Body box
笹本武志

笹本 武志 
Sasamoto Takeshi プロフィール


1966年、茨城県出身。琴古流尺八家元・竹韻社の家系に育ち、東京藝術大学音楽学部邦楽科尺八専攻卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。尺八を笹本宗秀、二世初見宗郷、山口五郎の各氏に、龍笛及び雅楽演奏を芝祐靖氏に師事。雅楽(古典)の演奏を主軸に、数百曲の現代音楽の初演を行っている。正倉院古楽器の排簫と雅楽尺八の製作と演奏を独学で学び、特に排簫はこれまで種々のタイプを製作し、製作・演奏の両面から研究を続け、楽器に負担を掛けずに音を響かせる「ボディボックス奏法」を開発し、復元楽器演奏のトッププレーヤーとして知られている。現在、龍笛・尺八・排簫のプロプレーヤーとして、国内及び欧米で演奏活動を行っており、2010年には、パリのオペラ座「輝夜姫」上演において、龍笛奏者として12公演を演奏した。

また、自作曲の楽譜やCDが多数出版され、'94年発売の「江戸小町」はその年の邦楽器CDのトップセールスを記録するなど、作曲家としても名を知られている。主な著書に「はじめての雅楽」(2003年、東京堂出版)、「図説雅楽入門事典」(2006年、柏書房・共著)がある。